Chiba Hifumi Net 千葉一二三 Official Web~幸せになるための『前世涌@』~
top profile blog counseling contact media link
 

【CASE3】

「DVの呪縛から逃げるには?」
 東京都/K子さん(20歳・女性)からのご相談
【相談したい事】
 いつも男性に苦労しています。
 以前、最初の彼と同棲していましたが、殴られたり、物を投げられたりの暴力を振るわれていました。そして、次の彼は、後で暴力団ということを知り、別れてからもしつこくつきまとわれ怖い思いをしました。そして、三人目の彼は今でも好きなのですが、大変な交通事故を起こして逃げてしまい、そのまま行方不明になっています。そして、つい最近知り合った人は、少年院あがりだということが分かりました。
 どうして好きになる人が皆乱暴なんでしょう? どうして好きな人と幸せになれないのでしょうか?
 また、恋愛だけでなく、男性にお金をだまし取られたりもします。
 運を切り開くにはどうすればいいのでしょうか?

【彼女の前世】
 明治時代に料亭のおかみさんをしていました。男の従業員たちをアゴでこき使うほどの、当時の女性としてはかなり気が強かったみたいです。
 でも、客として出入りしていた男に惚れてから人生が一転してしまいました。とにかく、その男に一生懸命尽くすんです。それも店のお金を使いこんで貢ぐまでになってしまいました。
 しかし、この男は相当の遊び人で、お金は全部賭博や遊郭に使い、あなたに問い詰められると逆ギレして暴力を振るっていたのです。
 そして、その関係に気づいた周りの人たちにいろいろと批判され始め、自分の立場が悪くなったある日のこと。
 その男が他の女と寝ているところをあなたは目撃してしまいます。そして、嫉妬のあまり男を刺し殺してしまったんです。
  あなたは店も何もかも捨てて逃げ出すのですが、怖くなって首吊り自殺を計ります。しかし、ヒモが切れて未遂に終わり、一度それを失敗すると二度と自殺がで きなくなり、延々と逃げるはめになってしまいました。そして、ずいぶんと人里離れた山奥まで逃げて、小さな小屋で一人寂しく暮らし、やがて結核で死んでし まいました。
 晩年はとても不遇でしたね。人生を男に狂わされた形に終わりましたけど、自業自得だからしょうがありませんでしたね。

【彼女の前世から視る診断結果】
 運命を変えたいのなら、まず化粧を変えて下さい。なぜかと言うと、あなたの今の顔は「殴られたい」という顔になっていて、結果的にそういう人を呼んでいます。つまり、あなたの周りに来る男性は、みな感情的で暴力的な人ば
かりになるのです。男運がないのは、今がそういう泣き顔だからです。
 では、どうすればいいか? まず、化粧を変えて下さい。アイラインをたれめに描くのではなく、上がりめに描いて下さい。そして、バランスが取れていないので、眉は整えましょう。左右対象になるように。人間の顔は、右は現実
的な顔に、左は精神的なものが出るんです。今のあなたは精神的なものはすごくあまえたいと出ていますが、現実的なものでは気の強い男を求める顔になっています。でも、本当のあなたは左の方の顔だから、あまえたいという気持ちを満たしてくれる優しい男性と巡り合わなければ幸せになれません。
 また、あなたは自分では気づいていませんがマゾっ気があります。自分が辛い思いすることを自然に受け入れてます。男運の悪さというのも、そういう性質を変えない限り続いてしまうでしょう。運を切り開きたかったら、自分の考
え方をよく見つめて、自分で自分に問い掛けるようにしてみて。「なぜ、私はこういう男性ばかり好きになってしまうのか?」ってね。
 それから、あなたは自分では何もできないタイプだから、逆に周りの男性たちがいろんなことを例えば事件とか暴力を呼び起こしてしまうんです。でも、あなたにとってはそれが新鮮に思えるのかもね。
 だけど、そんなの私に言わせれば、相手はただ感情的な人なだけ。今でも好きという行方不明の彼だって、感情的だから事故を起こしたわけだし、責任も取らずにいなくなるというのは、まさにその典型! 私はサイテーだと思う。
 あなたがその彼をいつまでも好きでいるのは勝手だけど、人間として間違ってることをしてるんなら、それをハッキリ認めて言うべきです。なのに、それを一生懸命耐えて「私は耐える女よ」なんて自己陶酔してる。
  本当のあなたは忍耐強くないので、自分でちゃんと会話して、自分の欠点を自分なりに知ることです。それが大事! 付き合う人の気持ちが、情なのか愛なのかを自問自答して、果たして本当に好きなのかどうかを見極められるようになった時、あなたは素敵な人と幸せになることができます。
 そして、そうするしか運を切り開くことはできません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<編集裏話>
  その後、K子さんはどうなったのでしょうか? 聞くところによると、結局、少年院を出たばかりの彼と付き合い続け、今年女の子を出産したそうです。若すぎる二人という心配もさることながら、その彼が本当に更生しているかどうかが問題です。もし、そうでなければ歴史はまた繰り返されてしまいますから。
 ところで、千葉さんのアドバイスにもありましたが、左右不対象のメイクというのは本当に良くないみたいですよ。
 私の友人A子さんは夫の暴力で離婚しています。高校生までは順風満帆な楽しい人生を送っていたのですが、OLになって夫となるべく男性と知り合い、のちに結婚してから不幸が始まってます。
 つい最近、A子さんの写真を千葉さんに見せたところ、開口一番「メイクがへただね」と言われました。よく見ると確かにそうで、K子さんと全く同じタイプ。A子さんは基本的には美人タイプなのですが、決してメイクが上手いとはいえませんでした。
 そのことをA子さんに話してみたところ、自分でもメイクが上手くないことを自覚していました。そして、メイクの仕方は高校卒業時に学校行事の一環として教わったきりだということも分かりました。つまり、一度もプロの手ほどきを受けていないのです。
 さらに考えてみれば、A子さんは素人メイクをし始めたOL時代から不幸が始まっています。ということは、左右不対象のメイクがDVの原因?
 今、A子さんは千葉さんから簡単なアイラインのアドバイスを受け、直後に優しい男性と交際できるようになり、近々再婚するとのことです。前夫より収入が少ないのが残念みたいですがノ(笑)。でも、A子さんの今後のメイクの改善によっては、今の彼氏の運気が好転し、結果的に彼女も幸せになれるかもしれませんね。
[今回の教訓]
メイクによって運勢が変わる!

 
サイトマップ プライバシーポリシー 
chiba hitomi net copyright(c)みよいずall rights reserved.掲載内容を無断で使用すらキとを禁止します。